ユーグレナとスピルリナどっちがいいの?

ユーグレナとスピルリナ

ユーグレナと比較される栄養素として話題になっている『スピルリナ』をご存知でしょうか?

 

テレビ番組の『しゃべくり007』の中でチュートリアルの徳井さんが『スピルリナ』を麺に練り込んだラーメンを紹介してちょっとした話題になりました。

 

徳井さんが『美容にアンテナ張ってる人は、わかるよね』と語られていましたが、美容と健康に高い効果が期待されるスーパーフードとしてなにかと【ユーグレナ】と比較されるようです。

 

『サプリメントを買うならどっちがいいの?』と迷われる方も多いようで、ヤフー知恵袋にもそんな質問が寄せられていました。

 

このページでは、【ユーグレナ】と【スピルリナ】の違い選択する基準についてわかりやすくまとめています。

スピルリナとは?

スピルリナは、30億年以上前に地球に誕生した藻類の一種で、あらゆる動植物の起源といわれる古くて生命力の強い生物です。

 

大きさは、わずか0.3〜0.5oの微細藻類なんです。

 

『らせん』、『ねじれ』を『スパイラル』といいますが、スピルリナの形がワインのコルク抜きのようにねじれた形をしていることから、この名前がついているんですね。

 

スピルリナは生命の元になるたんぱく質がとても多く含まれ、構成するアミノ酸はバランスがよくとれています。

 

また、人類の長い歴史の中で、メキシコやアフリカのアルカリ性の湖を中心に原住民の貴重なたんぱく源として珍重されてきたそうです。

 

スピルリナは、古代の食糧であるだけではなく、その栄養価と吸収率の高さからNASAが『未来の食糧』と呼んだことでも話題となりました。

スピルリナの効果は?

スピルリナの最大の特徴は、その消化吸収率の高さです。

 

ユーグレナの93.1%もすごい吸収率ですが、スピルリナのそれはなんと95%もあります。

 

そして、スピルリナに含まれる栄養素がまたスゴイ!

 

タンパク質は、20種類のアミノ酸の組み合わせでできているのですがスピルリナはその中の18種類を含んでいます。

 

そのうちの9種類は、人間の体内では合成できないものですがもちろんスピルリナはそれを含んでいます。

 

タンパク質を含む5大栄養素の脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの他に60種類以上の栄養素をバランスよく含んでいることで注目されています。

 

95%の吸収率でこれだけバランスのとれた栄養素を取り入れることが出来るわけですから、身体によくないわけがないですよね。

 

スピルリナには次のような効果があるとされています。

  • 免疫力向上
  • 便秘の改善
  • 貧血の改善
  • 生活習慣病などの予防
  • ダイエット効果
  • 皮膚炎の改善
  • コレステロール値、血糖値の改善
  • 二日酔いの防止
  • 肩こり、偏頭痛の緩和
  • 薄毛予防
  • 疲れ目の改善

など

 

このように様々な効果・効能があるとされています。

 

うーん、ますます『ユーグレナ』とどちらを選べばよいか分からなくなってきました。

ユーグレナとスピルリナの違いは?

  • 含まれる栄養素
  • 消化吸収率

ともに驚異的なスーパーフードである【ユーグレナ】と【スピルリナ】ですが、
最大の違いはユーグレナには【パラミロン】が含有されていることです。

 

コレステロールや中性脂肪を排出し、デトックス効果のある【パラミロン】を含んでいる生物は地球上で『ユーグレナ』だけなんです。

 

これらの効果を期待される方は、迷わず『ユーグレナ』を選ぶべきだと思います。

 

そうはいっても『スピルリナ』がどうしても気になる!捨てがたい!というあなた。

 

初回限定で70%OFFのキャンペーン中のこちらの商品を試してみてはいかがでしょうか。

 

【評価の高いユーグレナ口コミランキング】